治験コーディネーターに求められる資質・能力とは?

治験コーディネーター → 治験コーディネーターに向いている人とは?

治験コーディネーターに向いている人とは?

治験コーディネーター(CRC)に向いているのは、どんな性質や能力を持った人だと思いますか? CRCが受け持つ仕事である治験コーディネートには、医療関連の知識が必要です。そのため、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療系の職業に就いていた人が転職するのに有利とされています。
治験コーディネーター(CRC)の治験とGCPとは何?

CRCの募集でも、これらの資格を持っている人を優遇しているのが現実です。看護師がCRCに転職するのに有利なのは、病気に関する知識があるだけでなく、患者や医師とのコミュニケーションを必須とする職業だからです。

薬剤師の場合は薬の知識がありますから、新薬の開発という業務そのものへの理解度が高い点が優遇されます。臨床検査技師には、治験における検査データに敏速に反応できるというスキルがあります。これらは、治験コーディネートの仕事には欠かせない能力なのです。

とはいっても、CRCは必ずしも資格が必要な職業ではありません。中には、医療系仕事の実務経験がなくても、大学や学校で医療の専門知識を学んでCRCとして採用される人もいます。就職してからでも、頑張って必要なスキルを身につけられる可能性はあるのです。

専門的な知識以上に肝心な能力、それはコミュニケーション能力です。CRCは、治験に関わる様々な立場の人をとりまとめる仕事といってもよいでしょう。製薬会社の研究者、医師、臨床試験に参加する被験者、全ての人の仲介をすることになります。

トラブルなく、なおかつ上々の結果を出せるような治験の進行管理を行うのがCRCの重要な役目です。積極的に人と関わって問題を解決していける性質でないと、スムーズに仕事を進めるのは困難になるでしょう。もっと細かい部分では、状況に応じた判断力や臨機応変さ、事務処理能力、根気のよさなども必要です。

CRCは、他の職業に比べると長く続けていける専門職です。せっかく就職できたのに途中でくじけてしまってはもったいないので、あらかじめ自分に向いた職業なのかを判断して目指すようにしてください。

転職サイトを利用するメリットとは

看護師だけでなく、どのような職業でも、転職を考えた時にどこから求人情報を集めるかというのは非常に重要になってきます。その情報の「質」の良い、悪いが将来を決めることになるからです。特に看護師という職業は、特殊だと言っていいでしょう。しかも非常に狭い世界であり、独特のルールのようなものがあります。

たとえば、多くの看護師ができるだけ「7対1」配置の病院を希望しています。これは、入院患者1人に対する看護師の人数に応じて、「15対1」「13対1」「10対1」「7対1」と、4つに区分されています。

その理由は、もちろん看護師1人が看なければならない患者さんの数が少なく、よりきめ細かな対応ができるというだけではありません。

看護師の配置基準は、診療報酬の入院基本料と連動し、看護師の配置が多いほど入院基本料が高くなります。基本的に看護師の人数が多く、手厚い看護を提供できる病院ほど、高い報酬が得られる仕組みになっています。

このように看護師の世界をきちんとわかっていない求人情報や求人担当者ですと、希望に沿った情報をなかなか提供してもらえないことになります。

転職サイトのメリットとしては、「看護師」に特化しているサイトが多く、その担当者も元看護師の経験を持っていたり、医療の世界に通じている人が多いため、希望を伝えるだけで、事情がわかってもらえて、希望により近い仕事を探してもらえます。

ハローワークも地元密着で公的機関ということで求人情報も多く、安心できるというメリットはあります。しかし、膨大な情報の中から、仕事を探すのは自分自身です。この作業に多くの時間がかかりますし、実際のハローワーク内でのコンピューター検索は、非常に込み合っているため時間制限が設けられています。

その点、転職サイトは24時間好きな時に希望や条件を入力して、あとは連絡を待つだけです。自分ではやりずらい給料や条件面での交渉も担当コンサルタントが代行してくれます。また面接日程の調整や面接のアドバイスもしてくれますから、とても心強いところも転職サイトのメリットです。